音楽遍歴

まとめ 作曲

Tomaの音楽遍歴

スポンサードリンク

 

こんにちは。Toma(@TomoSakura010)です。

今回は僕の音楽遍歴について書いてみました。

 

 

仕事ではテレビ局で音響効果の仕事をしており、趣味で作曲をしている僕ですが、高校生の時に作曲を始めたのをきっかけに音楽の仕事をしたいと思い、現在に至ります。

 

 

今はまだ自分は実力不足でもあるので、今後の目標としては仕事と並行に作曲の実力を伸ばしそれも仕事にすることです。

 

特別な音楽の才能はない僕ですが、これまでを振り返り、どのように音楽に関わってきたのかを書いてみます。

 

 

暇つぶし程度に見て頂ければと思います。

 

 

作曲を始めたきっかけ

 

元々ゲームが好きで、中学の時からFFドラクエなどRPGにハマっていました。

 

 

特に一番影響を受けたゲームがスターオーシャン3です。

 

これまでコマンドバトルやテキストのみ(音声なし)のゲームしかやっていなかった僕にとって、

アクションでリアルタイムに自由に動かせるバトルや、物語の進行にボイスがついていることに感動したことは今でも覚えています。

 

この体験をきっかけに中学の時からは自分でゲームのシナリオを考えたり、音楽もメロディを楽譜に書き残したりなどしていました。

 

 

メロディを考えていたとはいえ、音を形にすることに初めて挑戦したのは高校2年生になった時。

この時にフリーの作曲ソフトを使って作曲をスタートしました。

 

そして将来はゲーム音楽を作る作曲家になりたいと考え、主にゲームで流れるような楽曲を中心に作曲するようになりました。

 

 

作曲活動遍歴(高校時代)

作曲を始めた高校時代は、とにかく曲作りが楽しくていっぱい作っていました。

 

 

自由に好きな曲を作るだけでなく、文化祭の演劇の音楽を全て書き下ろしたり、大学のコンペで自分の楽曲が入賞したりもしました。

 

 

卒業発表でも「今までにない新しい作曲」をテーマにオリジナルのピアノトリオ曲を作り、それが学年選抜に選ばれました。

 

この楽曲 ↓↓↓↓↓

 

実は作曲を始める前には吹奏楽部に所属しており、トロンボーンを担当していました。

 

そこまで上手いわけではありませんでしたが、作曲においてオーケストレーションを考える部分ではすんなりと入ることができたのはこのためかもしれません。

 

 

作曲活動遍歴(大学時代)

音楽を専門に勉強したいと思い、音楽大学の入学を決めました。

 

 

積極的に作曲活動をしたい思いがあったので、1回生の時から学生が作る映画の作曲を担当したりしていました。

 

映像に合う楽曲を作るというのは、映像をどう音楽で引き立てるかということを考えさせられるので、ただ曲を作ることとは違った経験ができ、プラスになりました。

 

3回生からは所属していた作曲サークルで部長になり、文化祭などでアルバムを作ったり色んな活動をしました。

 

この時に作ったのが「Way of Life」というアルバムです。

特設サイト→https://wayoflife2016.jimdofree.com/

 

オリジナルのシナリオを元に作った仮想ゲームのサウンドトラックです。

このアルバムで初めてのM3にも参加しています。

 

 

4回生になってからは、卒業制作に本腰を入れました。

 

この卒業制作で作ったアルバムが「Warp in the World」

特設サイト→https://tomosakura010.wixsite.com/mysite

 

2時間計39曲の楽曲、3時間のボイスドラマ の計5時間を超えるボリューム。

 

作曲はもちろん、シナリオ、設定、録音、編集などなど全てを一人で制作しました。

 

 

※この作品のジャケットデザインは現在もお世話になっている夏ワタル(@summering26)さん

 

 

実は卒業制作の1年では終わらず、完成は社会人になってからになりました笑

しかしこれまで自分が頑張ってきた成果がしっかり出た作品を作れたと思っています。

 

 

その他にも作曲の仕事をもらって楽曲提供もしていました。

大学時代は色々な経験をし、作曲に打ち込めた時間でした。

 

 

作曲活動遍歴(社会人)

 

 

卒業後は、テレビ局の音響効果の仕事に就きました。

番組の選曲、効果音、整音などMAの仕事を中心にやっています。

 

 

また機会に恵まれたこともあり、自身の番組のCMやPRなどの音楽の作曲を担当し、毎日テレビで自分の楽曲が使われています。

 

 

また趣味として楽曲制作は続けており、M3の参加は継続しています。

 

最近発表したアルバムが「和一閃」

特設サイト→https://tomasakura.wixsite.com/waissen

 

またコロナの影響で発表できなかった「和二閃」も視聴動画のみ公開しています。

※2020M3 10月に「和三閃」と同時に販売予定

 

和風インストのコンピレーションアルバムになっています。

 

 

M3参加を継続する理由としては、もちろんこれまで頑張ってきた作曲をやめたくなかったという理由もありますが、

一番大きなことは、今後テレビ局などで使用できるライブラリの音楽を作っていきたいと考えているからです。

※他ジャンルでは、現在進行形で楽曲を提供しています。

 

 

そして和風インストは需要があるので、まずはこれを武器にできるようにしたいと考えています。

 

まだまだ自分の作曲スキルは低いですが、頑張ってレベルを上げ、作曲の仕事でもお金を稼げるようにすること が目標です。

そのために今後も継続してステップアップをしていきます。

 

 

僕のピアノ遍歴

小学校に入る前から小学校を卒業するまでの6年と少しの間、ピアノを習っていました。

 

楽譜はそんなに読めなかったので、基本的にはCDの演奏音源を聞いて楽譜で音を確認しつつ練習をしていましたが、

練習をすることは嫌いでいつもいやいや習いに行っていました笑

 

 

6年間と少し続けてきたピアノでしたが、小学校を卒業すると同時にやめました。

 

その後、中学校ではピアノに手をつけることはほとんどなかったのですが、高校の時にふと思い立ったかのようにピアノの練習に打ち込むようになりました。

 

そのきっかけとしてはゲーム作曲家の桜庭統のファンになり、彼のピアノ楽曲を耳コピして弾きたいと思ったからです。

 

 

ちなみに最近は

桜庭統 Forest of Grass より Resolution を耳コピして演奏しました。

これは難しかった...

 

 

高校3年生の時にはオリジナルのピアノ曲を作って文化祭の時に演奏したりもしました。

 

 

大学に入ってからもオリジナルのピアノ曲を作曲、演奏しています。

その時の映像がコチラ。

 

普通に僕が映ってますが...気にせずに

ちょくちょくミスはしていますが、頑張って弾きましたよ笑

 

 

今でもコードの勉強の他、ちょくちょく耳コピして演奏したりもしています。

 

 

まとめ

 

今回は僕の音楽遍歴について書いてみました。

 

元々ゲームが好きで、 ゲームの音楽を作りたい思いで作曲を始めました。

 

ゲームの作曲家になるという夢は叶いませんでしたが、今はテレビ局などで使用してもらえるライブラリ音源の制作ができています。

 

作曲をやっていなければこのような機会には恵まれなかったと思うので、本当に作曲を続けてきて良かったなと感じています。

 

今後も努力を続け、作曲の実力を伸ばし、テレビなどで自分の曲がバンバンと流れるようなそんな作曲家になることが理想です。

 

それではまた~

 

 

 

  • この記事を書いた人
アバター

Toma

和一閃主催。 曲のクオリティを上げるため日々奮闘中。 普段は音響効果の仕事、今後は作曲も仕事にしていけるように頑張ります!

-まとめ, 作曲
-,

Copyright© 和一閃 , 2021 All Rights Reserved.